スポンサードリンク
   

神奈川県 湯河原温泉

湯河原温泉は、古くは万葉集にも詠まれ、島崎藤村や夏目漱石、与謝野晶子などの文人・文豪に深く愛された効能豊かな温泉。湯河原温泉は関東で最も古い温泉で「傷の湯」とも呼ばれており、外傷に効果ありと言われている。「狸福神社」にはその逸話として「昔、老いた狸が傷を癒した」という伝説が残っている。

湯河原温泉とは「湯河原温泉(奥湯河原)」「湯河原温泉(温泉場)」「浜湯河原温泉(駅下)」「伊豆湯河原温泉(熱海市泉地区)」の総称でもある。

なお、伊豆湯河原温泉は、住所こそ熱海市だが熱海市の市街地からは程遠く、最寄駅もJR湯河原駅のため、雑誌などでも湯河原温泉に含まれて紹介されることが多い。


★泉質★

単純泉・弱食塩泉・石膏泉など(源泉温度30〜88度)


★効能★

皮膚病、筋肉痛、リューマチ、神経痛、冷え性など


★周辺観光スポット★

・万葉公園(独歩の湯などを含む)


★アクセス★

▼電車
JR東海道本線湯河原駅下車。
温泉街の入口までは神奈川県道75号沿いに徒歩15分。
温泉場と呼ばれる中心街までは徒歩30分。
駅前より奥湯河原行き、または不動滝行きバスで10分。
タクシーでは5分。

▼車
国道135号湯河原高校前交差点で山側に折れ、神奈川県道75号に入る。
または国道135号千歳橋交差点で山側に折れ、千歳川沿いの道を上る。
箱根方面からは、湯河原峠より湯河原パークウェイを下る。

  /スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。